丹波篠山米

丹波篠山米

山に囲まれた丹波篠山はお米どころ。昔から良質のお米が獲れることで知られています。

篠山では、「コシヒカリ」という品種のお米が主に栽培されています。美味しいお米で知られる新潟の魚沼で栽培されているものと同じ品種のお米です。

作物や品種には必ず適した土地というものがあり、全国どこで栽培しても同じ良いものができる、という事ではありません。

魚沼の例で言うと、新潟県自体はものすごく広い面積の県で、県内各地でコシヒカリが栽培されていますが、魚沼地区というものすごく狭い地域で栽培されたものは他の地区で栽培されたものより品質が断然高い。

丹波篠山にも同じ事が言えます。

「丹波」と呼ばれる地域は兵庫県と京都府にまたがる広い地域の事を指しますが、中でも丹波篠山で栽培されるコシヒカリは品質と美味しさが飛びぬけています。

実際、丹波篠山産のお米は他の丹波産よりも少し高めで取り引きされています。
関西では、丹波篠山産のコシヒカリが一番美味しいという評価を得ています。

栽培する地域によってどうしてそんなにお米の品質に違いができるのか、と言うと、それはやはり自然条件によるものです。

よく寒暖の差が激しい地域の方が美味しいお米が獲れる、と言いますが、篠山市がまさにそうです。丹波市や他の地域と比べてぐんと標高が高く、山で囲まれた盆地のためです。

もちろん水がきれいなのも大きな要因です。

食べなくても見た目だけでもすぐに品質の高さは分かります。精米にするとちょっと分かりにくいですが、玄米の状態で見ますと、篠山産のコシヒカリは粒の張りも良く充実していてとてもきれいです。

美味しいお米とそうでないお米の違いは、冷めた時に一番はっきりと出ます。ご飯をお弁当にしたりおにぎりにするとすぐにその違いが分かります。

作物には栽培に適した土地というものが必ずあります。丹波篠山はコシヒカリを栽培するのに最も適した土地と言われています。

RIMG1691

koshihikariyoumaida

komekensa25

image03-uharamotohiko-xsmall
代表取締役 菟原元彦(うはらもとひこ)
  • うはら商店は、日本全国の
  • 農家を応援しています!
  • image03-uharamotohiko-xsmall
    マスコットキャラクター